工場勤務って何するの?仕事内容や求人の選び方


工場の仕事内容は難しい?

工場には多くの種類がありますが、工場勤務では主に工程管理や製造ライン、ピッキング作業等を任されることが多くなります。工程管理は生産計画書などにもとづいて、生産量の管理等を行う仕事です。現場全体を見わたす必要があるため、一通り現場を経験してから配属されることが多くなります。トラブルがあった際の対応もしなければいけないので判断力も必要になります。製造ラインはベルトコンベアで流れてくる製品の組み立てや検査等を行う仕事です。一つの工程を担当する形になり、手作業だけでなく機械を使用することもあります。ある程度のスピードが必要になりますが、同じ作業を繰り返す単純作業が多いのが特徴です。
ピッキング作業は、伝票や指示書に従って部品や商品等を集める仕事になります。工場内を動き回ることが多く工場によってはフォークリフト免許が必要な場合もあります。

工場の求人を選ぶポイント

工場の求人は、作業内容が自分に合ったものかをきちんと把握することで自分に合っているかどうかを判断することができます。仕事内容は求人情報に簡単に記載されているのでしっかりと把握しておきましょう。給与は各種手当も含めて計算し、作業内容に見合うかどうかを判断します。働くさいに重要になるのが、職場環境です。工場の仕事は、外から見えない為実際に働いてみないと分からないということも多いですが、残業の有無などや休日数を参考にしてみるとイメージしやすくなります。残業が多すぎる場合や休日が少ない工場は、生産管理がきちんとできていないということが考えられます。従業員への対応も良くない可能性があるので避ける方が良いでしょう。

今住んでいる家から引っ越したい、そんな人にとって寮付きの求人は大きな魅力となります。寮完備、住み込みといった条件の求人も探せばたくさんあります。