トラックドライバー 求人について知りたい!仕事内容や選び方・必要免許についてご紹介


トラックドライバーの仕事とは

トラックドライバーの仕事とは、トラックを用いた配送業です。業務内容としては、宅配や引っ越し、担当エリアのルート配送、長距離輸送などがあります。

一般的な一日の仕事は、まず集荷先でトラックに荷積みを行い、配送先までトラックで移動します。到着後は荷下ろしをしたら伝票作成し、荷物を届けるといった流れです。勤務先によっては配達するだけではなく、配送先でのセールスを兼任する場合もあります。また、配送する内容によって求められる免許の種類や経験も異なるため、あらかじめ希望する職種に必要となるスキルをチェックしておくことが大切です。

トラックの種類と必要免許

主なトラックの種類は、軽トラック、1tトラック、1.5tトラック、2tトラック、4tトラック、10tトラックなどがあります。必要な免許は、2tトラック未満なら普通免許のみですが、4tトラックの場合は中型免許、10tトラックは大型免許が必要です。

ただし、平成19年6月1日までに普通免許を取得している場合は、車両総重量8トン未満・最大積載量5トン未満のトラックであれば別途中型免許を取得する必要はありません。主なトラックの形状には、幌がない平ボディや幌付きトラック、アルミバンやコンテナ車、冷蔵冷凍車などがあります。

トラックドライバー求人の選び方

トラックドライバー求人の選び方としては、まず福利厚生や資格取得支援制度が整っているかをチェックしましょう。もし自分自身にとって必要ない制度や待遇であったとしても、これらが整っている企業はその他の面でも従業員に対する待遇が良い可能性が高いです。その他には、荷主の元受け会社であるか、会社の外観がきちんとしているか、各種トラックが揃っているかなども重要なチェックポイントです。

トラックドライバーの求人は、地域やドライバーの在籍状況によりますが、免許取得後の経験が豊富な人や、長時間の乗務に耐えられる人が重宝されています。