プラントの定修の仕事に就くにはどうすれば良い?職場の探し方は?


大学院で専門的な分野を学んだ人が重宝されやすい

プラントの定修の仕事は、メーカーごとに学歴や職歴などの要件が定められていますが、一般的に大学院で機械や電気、化学、通信といった専門分野を学んだ人が重宝される傾向が見られます。特に、大規模プラントの点検や修理に長けている人は、採用後にすぐに大事なポジションに就くことができたり、給料や手当の金額を優遇してもらえたりすることがあります。最近では、若手のプラントエンジニアを育成するため、大手メーカーをはじめとして、修士や博士を積極採用してプラントの定修に関する全般的な個別教育を行っているところや、国内外の大規模プラントに配置して実務を担当させているところが目立ちます。そうした中、将来的にプラントエンジニアとして活躍をしたい人は、自分の専門スキルを活かせそうなメーカーを就職先の候補に選びましょう。

理系の専門職を対象とした就職イベントに参加しよう

プラントの定修に興味はあるものの、どのようなメーカーや工場を就職先の候補にすべきか迷っている人は、理系の専門職を対象とした就職フェアや相談会などに参加をするのがおすすめです。企業によっては、就職イベントの際に採用担当者や現役のプラントエンジニアが求職者からの相談に乗るだけでなく、工場見学の受付をしたり、具体的な仕事内容や待遇の説明をしたりしているところもあります。また、過去に国内外のプラントで施工管理者などを務めたことがある人や、プラント内の定修業務に関係する資格や免許を保有している人は、有利な条件で転職ができるケースが少なくありません。そこで、理想的な形で転職をしたい人は、日頃から様々なイベントに顔を出して、自分の経歴や得意分野などをアピールするのがおすすめです。

定修とは定期修理工事のことです。設備の不具合による生産性の落ち込みを防ぐため、工場設備の大規模な点検修理を定期的に期間を決めて行います。